にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ


2017年07月19日

新しいAmazon Kindle Paperwhiteを購入したので、初期型と比較してみた。



2016年7月10日のAmazonプライムデーのセールを利用して、電子書籍端末の「Kindle Paperwhite」(Wi-Fi接続/キャンペーン情報なしモデル)を新調しました。



今まで使っていた初期型(2012モデル)と、比較レビューしてみたいと思います。




バックライトに関しては、新型の方が「白く、明るく、滲みが少ない」ですね。

比べてみると、初期型の方がやや緑がかった色で、特に周辺部分に色ムラが目立つ感じです。




買い替えを検討されている方が最も気になっている点は「解像度」だと思いますが、新型(300ppi)と初期型(212ppi)では、これぐらい違います。

平仮名の曲線部分や、漢字の払い部分などに注目して比較すれば、一目瞭然かと思います。

遠目に見ると大差ないようにも感じますが、持ち替えた時に明らかに「くっきり読みやすくなった」という印象は受けました。

posted by hitoshi@G-topics at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

iPhone/iPadで快適な文章制作に。安価でそこそこオススメなBluetoothキーボード「iClever IC-BK04」。



iCleverのBluetoothキーボード「IC-BK04」を購入してみました。

iPad mini 2で文章を書く用にと思いコンパクトなものを探していましたが、それぞれ一長一短あったり、価格が割に合わなかったり、なかなか良いものに巡り会えなかったんですよね。

そこで今回、2,080円という安価で買えたわりにはとても気に入ったので、紹介してみたいと思います。

※今回の記事は全てこちらのキーボードとiPad mini 2の組み合わせで投稿しています。




まず、こちらのキーボードはご覧の通りUS配列になります(iOS/Android/Windowsに対応)。
キーボード本体に斜傾はついておらず、薄型設計。

電源は、リチウムバッテリー内蔵の充電式です(micro-USB付属)。

接続はBluetooth 3.0対応で、電源を入れてConnectキーを押し端末側で選択するだけの簡単操作(マルチペアリング非対応)。

打ち心地は個人差があると思いますが、キーストロークは浅すぎず深すぎず感触良好ですね。
キー配列のズレもなく、ブラインドタッチでのミスタイプはほとんどありませんでした(気になるのはEnterキーの小ささぐらい)。




地球儀マーク(F6)で言語切替ができます(control + Spaceでも切替可能)。
他にも、ホームボタンロックボタンコピー/ペーストソフトウェアキーボードの出し入れなども独立したショートカットキーが搭載されているので、iOS端末との連携は非常に快適♪




特筆すべきは、バックライトが搭載されており暗い場所でも手元が見えるようになっています。
この価格帯でバックライトが搭載されているだけでも驚きですが、なんと7色もの切替が可能。
明るさ設定は、「強」「弱」「オフ」の3段階。















posted by hitoshi@G-topics at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

100円ショップの「スマホ用コンバージョンレンズ」を買ってみた。



Seria(セリア)DAISO(ダイソー)で、スマホ用のコンバージョンレンズを購入してみました。

右から、ワイド(広角)レンズマクロ(接写)レンズフィッシュアイ(魚眼)レンズになります。

以前はこういう製品も家電量販店で安くとも千円前後しましたが、今は100円ショップで手に入るようになったんですね!

また、どこかで使用する機会があればレビューしてみたいと思います。


posted by hitoshi@G-topics at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

MonoMax(モノマックス)12月号の付録は、ガジェット整理に便利なハンティングワールドのシステムケース!



MonoMax(モノマックス)」12月号に、ハンティングワールドとコラボしたシステムケース(いわゆるガジェットポーチのようなもの)が付いていたので、買ってみました。




閉じた時のサイズは、W23.5×H14.5×D1.8cm
付録付きで880円という価格の雑誌なので、もっとペラペラの生地なのかと思いましたが、意外と作りはしっかりしてます。

ハンティングワールドの本革型押し仕様のロゴ入り。


IMG_4848

裏面のポケットには、iPad miniがスッポリと収まるように作られています。
薄めのケースであれば着けたままでも収納できました。


IMG_4843

中身は、こんな感じになっています。

とりあえず、USBケーブルやLightningケーブル、あとジェットストリームの3色ボールペン(0.38mm)、お気に入りのメモ帳(SHOT NOTE)を入れてみました。

その他、カード類や紙幣なんかもたくさん入れることができます。


マチはそれほど深くないので、あまり詰め込むとゴツゴツしてしまいますが、ちょっとしたカード類文具スマホオーディオプレーヤーイヤホンケーブル類などをまとめて収納しておくには便利です!



posted by hitoshi@G-topics at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

「デスクに癒しを。」 I・O DATAがお届けする、デスク周りの和める空間。



I・O DATAさんから、何やらお荷物が届きました。




こちらのキャンペーンで、液晶ディスプレイに関する簡単なアンケートに答えると、「Reposer(ルポゼ)」という商品がもれなく無料で貰えます。

※“Reposer”は、フランス語で「休息させる」という意味。




中身は何かというと、見る人に癒しを与えるペンギンのフィギュアです。

液晶ディスプレイの上に接着するオリジナル台座と、台座にセットできる背景画が付属します。




これ、実はあの海洋堂さんとのコラボ企画商品なんですね!どうりでクオリティが高いわけです(笑)

フィギュアは9種類(うちシークレット1種)あるそうで、うちに届いたのは「コウテイペンギン」でした♪



posted by hitoshi@G-topics at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

デジタルガジェットの悩みの種、ケーブルクリップでスッキリ解消。



100円ショップ「ル・プリュ」で、コードホルダーを購入してみました。
デジタルガジェットを購入する度に、ケーブル類も増えて困るんですよね。




ケーブルの長さや太さに合わせてを使い分けて、こうして束ねておけばスッキリです。

パチンッと留まるのは良いですが、やや開けるのが硬いのが難点。
あと、無理に閉めてケーブルを挟んでしまうと跡がついたり断線する恐れもあるので注意しましょう。



posted by hitoshi@G-topics at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

連続再生24時間のタフネスバッテリー搭載、「Anker SoundCore ポータブル」Bluetooth 4.0 スピーカー。



Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore ポータブル」、Amazonセールで出ていたので購入してみました。

Ankerと言えばモバイルバッテリーでお馴染み、こちらも連続再生24時間というバッテリーの持ちはさすがですね。

本体はラバーコーティングでサラッとした質感(やや指紋や埃は付きやすいかも)。
ズッシリした感じはありますが、それでも503g程度なので持ち運びにも向いています。

肝心の音質はというと、思っていたよりは低音も倍音もしっかりしていると思いました。
サイズがサイズだけに過度の期待はしていなかったのですが、じゅうぶん心地よく音楽や動画の音声を楽しめますね。

価格もお安く、良い買い物をしました♪




余談ですが、今Amazonの段ボールが映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』仕様になっていて可愛いです(笑)



posted by hitoshi@G-topics at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

1台2役!巻き取り式で小さく収納、「cheero 2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USB」。



cheero 2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USB」をご紹介。

ご覧の通り、いわゆる巻き取り式のUSBケーブルになります。

サイズ比較として、同じcheero製品のダンボーバッテリー(cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD version)と並べてみました。




特筆すべきは、Lightning端子とmicro USB端子の二重構造。

Lightningコネクタを外すと、micro USB端子が出てきます。
コネクタはケーブルと繋がっているので、落としたり失くす心配もありません。

これ1本でiPhoneAndroid両方の充電に使えて便利です。

コンパクトに収納できてバッグの中でケーブルが絡まらないので、モバイルガジェッターなら1つ持っておきたいアイテムですね。



posted by hitoshi@G-topics at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

10,000mAhの大容量を搭載した世界最小・最軽量のモバイルバッテリー、「Anker PowerCore 10000」。



10,000mAhを搭載したモバイルバッテリーとして世界最小・最軽量を謳う、「Anker PowerCore 10000」を入手しました。

※2/23(火)現在、Amazonの方では既に在庫切れとなっているようです。

本体充電用のUSBケーブルと、ポーチが付属しています。

高速充電を可能にする独自技術「PowerIQ」と、ケーブルごとの抵抗を認識し、最適な速度で充電する「VoltageBoost」を採用。

バッテリーセルはパナソニック製。




魅力はなんといっても、約92×60×22mm/約180gというカードサイズのコンパクトボディですね。

このサイズで10,000mAhのバッテリーを搭載しているのは驚き。
これなら荷物になりませんし、一泊二日の旅行程度なら事足りるんじゃないでしょうか。

1ポートタイプ(最大出力2.4A)で、iPhone 6sが約4回、Galaxy S6が約3回、iPad mini 4が1回以上、充電可能とされています。




iPhone 6との比較。




ガジェット好きに愛用者の多い、「cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version」との比較。



posted by hitoshi@G-topics at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

日常で活躍するデジタルガジェットの基本と言えば、やっぱりアレですよね。



十数年ぶりに、電卓というものを買いました。デスクに1つ必須ですよね。

最近は何でもスマホの機能で備わってたりしますが、やっぱりこういう単機能ガジェットって素敵。



posted by hitoshi@G-topics at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...