にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ


2017年02月07日

人気スマホゲームを手がけるRayarkの新作“音ゲー”「VOEZ」にハマり中。



今さらですが、『Cytus』『Deemo』を手がける、Rayark Inc.の新作『VOEZ』にハマってます。




いわゆる“音ゲー”ですので、音楽に合わせてタイミング良くノートを演奏します。
基本操作は、「タップ」「スライド」「長押し」の3種類。




プレイできる曲が定期的に変更されるので、時間さえかければ無課金で全譜面をプレイすることができます。




ストーリーは、プレイした曲数やスコアに応じて「日記」という形で進んでいきます。

各チャプターの時系列に沿って進むため、次の日記よりも先の解禁条件を満たしていてもアンロックされません




ようやく、チャプター3の「SPECIAL譜面でAll Perfectを達成する」をクリアし、Oct-27(10月27日)の日記をアンロック。

次の日記の解禁条件、「5曲のSPECIAL譜面でAll Perfectを達成する」に絶望しております(笑)


posted by hitoshi@G-topics at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

“手のひらサイズ”に生まれ変わった「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が届いたよ!



ついに…!

やってきました、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の発売日。

ご存知、1983年に発売され“ファミコン”の愛称で親しまれた家庭用ゲーム機の小型復刻版です。

本体サイズを約60%に縮小。往年の名作30タイトルをあらかじめ本体に収録し、カセット交換なしで遊べます。




iPhone7とのサイズ比較。
どうですかこのコンパクトさ、まさに手のひらサイズ

現代の家庭環境に合わせ、テレビやモニターなどの接続はHDMIケーブル、電源はUSBケーブルから給電できる仕様になっています。



収録タイトル全30作品は、以下の通り。

・『ドンキーコング』(1983/7/15)任天堂
・『マリオブラザーズ』(1983/9/9)任天堂
・『パックマン』(1984/11/2)ナムコ
・『エキサイトバイク』(1984/11/30)任天堂
・『バルーンファイト』(1985/1/22)任天堂
・『アイスクライマー』(1985/1/30)任天堂
・『ギャラガ』(1985/2/15)ナムコ
・『イー・アル・カンフー』(1985/4/23)KONAMI
・『スーパーマリオブラザーズ』(1985/9/13)任天堂
・『ゼルダの伝説』(1986/2/21)任天堂
・『アトランチスの謎』(1986/4/17)サンソフト
・『グラディウス』(1986/4/25)KONAMI
・『魔界村』(1986/6/13)カプコン
・『ソロモンの鍵』(1986/7/30)テクモ
・『メトロイド』(1986/8/6)任天堂
・『悪魔城ドラキュラ』(1986/9/26)KONAMI
・『リンクの冒険』(1987/1/14)任天堂
・『つっぱり大相撲』(1987/9/18)テクモ
・『スーパーマリオブラザーズ3』(1988/10/23)任天堂
・『忍者龍剣伝』(1988/12/9)テクモ
・『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』(1988/12/24)カプコン
・『ダウンタウン熱血物語』(1989/4/25)テクノスジャパン
・『ダブルドラゴンU ザ・リベンジ』(1989/12/22)テクノスジャパン
・『スーパー魂斗羅』(1990/2/2)KONAMI
・『ファイナルファンタジーV』(1990/4/27)スクウェア
・『ドクターマリオ』(1990/7/27)任天堂
・『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』(1990/10/12)テクノスジャパン
・『マリオオープンゴルフ』(1991/9/20)任天堂
・『スーパーマリオUSA』(1992/9/14)任天堂
・『星のカービィ 夢の泉の物語』(1993/3/23)任天堂

リセットボタンを押してゲームを中断すると、その時点のゲームの進行状況を保存することができます。

また、中断ポイントは1つのゲームに4つまで残すことができるので、プレイヤーごとに分けて使うことが可能です。

いわゆる“ファミコン世代”なもので、ほとんどの作品はリアルタイムでプレイしていますが、当時の記憶や時代背景を懐かしみつつ、大人になった今でもきっとクリアできないであろう難関ゲームに挑戦していきたいと思います。




…しかし、ちょっとコントローラーが小さすぎるかな(笑)



posted by hitoshi@G-topics at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

ポケモンGO、はじめました。



昨日から配信が始まった『Pokémon GO』。多くの著名人がハマッてて驚きですね(笑)

自分も一応ダウンロードして、とりあえず例の裏ワザを使ってピカチュウをゲット。
その後コラッタコイキングドードーイーブイを捕獲して帰宅。

プレイヤーの皆さん、夢中になるあまり事故ったりトラブルの原因にならないよう気をつけましょうね。

観光地など、人混みでの歩きスマホは大変危険です。誤って遺産や国宝を傷つけたりしないように。
立入禁止区域他人の所有地への侵入は絶対NGです。

最低限のマナーを守って楽しくプレイしましょう。

posted by hitoshi@G-topics at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

Newニンテンドー3DS『Xenoblade ゼノブレイド』、クリアしました。



この前、Newニンテンドー3DS本体と同時に購入した『Xenoblade(ゼノブレイド)』、ようやくクリアしました。

総プレイ時間、101時間49分

サクッとプレイするつもりが、そこそこの大作RPGでした(笑)

システムさえ理解すれば難易度はそこまで高くないですが、MAPが広大で移動が大変ですね。
(2週目は全MAP埋まった状態だったりすると良かったのですが…)

強いて言えば、終盤の使徒ロウラン戦のみ苦戦したかな。

個人的に、ストーリーキャラクター世界観BGM、どれもなかなか良かったと思います。

Wii版を買い損ねて未プレイのままだったので、この機会にプレイできて良かったです。



posted by hitoshi@G-topics at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

シリーズ完全新作!ニンテンドー3DS『真・女神転生 IV FINAL』先着購入特典「禁断の神殺しDLCセット」。



ニンテンドー3DSソフト『真・女神転生 IV FINAL』、発売日の1日遅れで届きました!

先着購入特典の「禁断の神殺しDLCセット」も無事ゲット。

こちらは、ニンテンドー3DS用「HOMEメニュー」のオリジナルテーマと、ゲーム内で使用できるアイテム「アナーキーのピアス」「ピースのピアス」のダウンロードコンテンツになります。



posted by hitoshi@G-topics at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

「Newニンテンドー3DS LL ハイラルエディションを買ったよ」の巻。



いよいよ、2/10に発売が迫った『真・女神転生IV FINAL』。

ソフトは既に予約済みなのですが…実は、前作『真・女神転生IV』プレイ後に、初期ニンテンドー3DSを手離しておりまして(笑)




ということで、ゲットしました。「Newニンテンドー3DS LL ハイラル エディション」。

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』コラボデザインの本体になります。
実物を見てみると予想以上にカッコイイです、なかなか高級感のある渋いゴールド仕様。




本体を買った際に付いたポイントで、Newニンテンドー3DS専用ソフトXenoblade(ゼノブレイド)』も併せて購入しておきました。

まぁ、こちらはしばらく放置ということで(笑)



posted by hitoshi@G-topics at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

海洋堂カプセルフィギュア、「深海生物 DEEP SEA LIFE」。



海洋堂の「深海生物 DEEP SEA LIFE」カプセルフィギュア(300円/全7種)。




ヨッシャ!一発で大当たり引きました!(笑)

深海底に住む世界最大の等脚類(ダンゴムシ)、ダイオオグソクムシです。



posted by hitoshi@G-topics at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

海洋堂50周年記念 海洋堂フィギュアワールド



美術館「えき」KYOTOにて開催中の、「海洋堂50周年記念 海洋堂フィギュアワールド」に行ってきました。

1964年に一坪半の小さな模型店としてスタートした海洋堂の歴史が、たっぷりと堪能できます。

ガレージキット、チョコエッグに代表されるおまけフィギュア、ヴィネット・フィギュア、全身可動のリボルテックフィギュアまで多数の作品を展示。

また、松村しのぶ・竹谷隆之・榎木ともひで・BOME・山口勝久・吉田悟郎といった造形作家さんについても詳しく紹介されています。



posted by hitoshi@G-topics at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

海洋堂カプセルミュージアムプロジェクト、「京都水族館 フィギュアコレクション」。



あの海洋堂が企画・制作している、「京都水族館 フィギュアコレクション」(300円)を買ってみました。

京都にゆかりのある水棲生物、全9種類がラインナップされています。




ゲンゴロウ…。

近年見かけなくなったと思ったら、絶滅危惧II類に指定されてるそうで。

微妙っちゃ微妙ですが、ある意味大アタリかな(笑)


posted by hitoshi@G-topics at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

MIDIデータの出力にも対応、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『KORG M01D』。



ニンテンドー3DS『KORG M01D』、7月10日より配信がスタートしました。

ニンテンドーeショップにて配信、価格は3,000円。

以前、Amazon.co.jp限定で販売されたDSソフト『KORG M01』の機能拡張版になります。

SDカードへのセーブに加え、MIDIデータの出力も可能となっています。

posted by hitoshi@G-topics at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...