にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ


2017年03月24日

ギター初心者が最初につまづきやすい「F」コードの押さえ方について。

ギター初心者の皆さん、こんにちは♪

早速ですが、ギターを始めて最初の難関とも言える「Fコード」について、簡単に説明します。

ここで挫折を味わって辞めてしまう人の多くは、誤った認識をしているために押さえられていないことがほとんどです。




コードブックなどでこういった図を目にしますが、これだと「人差し指は、1フレットを全て押さえなければならない」と思ってしまいませんか?

それが、そもそもの勘違いです。




では改めて、押さえる弦とフレットを考えてみましょう。

人差し指で押さえる必要があるのは、6弦2弦1弦の3本だけだと解りますでしょうか?

3弦2フレットは中指、5弦3フレットは薬指、4弦3フレットは小指がそれぞれ担当しているため、5弦・4弦・3弦の3本は人差し指で押さえる必要はありません




解りやすく写真で説明しますと、Fコードが押さえられない人の多くは、このように人差し指に力を入れてしまいがちなんですね。




実際には、こんな感じで必要な弦のみを人差し指で押さえるように力を分散させましょう。

この意識さえ出来れば、「F」に限らず、このような“バレーコード”全般的に意外とあっさり攻略できるかと思います。

もちろん、人差し指以外の指はなるべく立てて、他の弦に触れてしまわないように注意。

コードを押さえる時は、どこを押さえる(≒どこを押さえなくていい)のか、どの弦を鳴らしてはいけない(=ミュートする)のか、しっかり把握して覚えましょう。

posted by hitoshi@G-topics at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448345571

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...