にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ


2016年05月30日

革の端切れで作る、お洒落な簡易ペンケース。



革の端切れを使って、お洒落なペンケースを作ってみました。




紐を解いて広げると、底辺約30cmの二等辺三角形になっています。

今回は、いつも使っているボディバッグに常備できるよう「フリクションボールスリム(0.38mm)」が3本入る程度のサイズにしてみました。




こんな感じで、片方を折り返して縫いつけています。




あとはクルクルっと巻いて、革紐とウッドビーズで作った留め紐で結ぶだけ。

とてもシンプルな作りですが、使い込むほどに味が出る革雑貨って良いですよね♪

材料費もお安く、用途に応じてサイズも自由が利くので、ぜひ自分だけのオリジナル文具に挑戦してみてください。



posted by hitoshi@G-topics at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

「デスクに癒しを。」 I・O DATAがお届けする、デスク周りの和める空間。



I・O DATAさんから、何やらお荷物が届きました。




こちらのキャンペーンで、液晶ディスプレイに関する簡単なアンケートに答えると、「Reposer(ルポゼ)」という商品がもれなく無料で貰えます。

※“Reposer”は、フランス語で「休息させる」という意味。




中身は何かというと、見る人に癒しを与えるペンギンのフィギュアです。

液晶ディスプレイの上に接着するオリジナル台座と、台座にセットできる背景画が付属します。




これ、実はあの海洋堂さんとのコラボ企画商品なんですね!どうりでクオリティが高いわけです(笑)

フィギュアは9種類(うちシークレット1種)あるそうで、うちに届いたのは「コウテイペンギン」でした♪



posted by hitoshi@G-topics at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

鎮咳作用と痰の排泄を助ける、「ルキノンせき止め液」。



実は5月に入って2週目ぐらいから、急性気管支炎を患ってしばらく体調が優れませんでした。

とにかく咳が止まらず大変だったので、ネットで調べて評判の良かった「新ブロン液エース」という咳止め液を買いに薬局へ。

そこで薬剤師の方に症状伝えたところ、この「ルキノンせき止め液」を薦めていただきました。

咳止め成分は「新ブロン液」の方とほぼ同じだそうですが、こちらの方が喉の炎症を抑える効果があるとのこと。

おかげさまで、大変よく効きました。
今は、喉の痛みも引いて普通に会話が出来るまで回復。

皆さんも、風邪薬では治らない痰を伴う咳にはお気を付けください。



posted by hitoshi@G-topics at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

タスク管理の強い味方。「10min(テンミニッツ)」に、無印良品のペンホルダーを取り付け。



無印良品の、「ステンレス ペンホルダー」を買ってみました。

こちらは「1本用」ですが、「2本用」という商品も売られています。




どこに取り付けたかったのかと言うと、以前こちらの記事でも取り上げました、1日のタスク管理に重宝している「10mn.(テンミニッツ)」。

これで急にタスクを書き加えたくても、「しまった。ペンが無い…。」なんてミスを回避することができます。

ちなみに、挿しているペンは「フリクションボールスリム」。
0.38mmは幅の狭い小さな付箋に書き込むのにも重宝します。



posted by hitoshi@G-topics at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

日本人ビルダーによる丁寧な作りと、パワフルかつ繊細なサウンドコントロールが魅力の「G&L Premium Series S-500」。



G&L Premium S-500」が調整から戻ってきたので、紹介します。

新顔ですが既にメインの座を奪いつつあり(笑)、実験も兼ねてですが最近はノーマルチューニングだとほとんどこいつ1本。
ダウンチューニングは全てESP HORIZON-CTMを使用してます。

もちろんストラトらしいストラトの音が欲しい時も多々あるので、Fenderストラト(クラプトンモデル)も現役でバリバリ活躍してますけどね(笑)




G&L社は、ご存知レオ・フェンダーが、ジョージ・フラートンと共に1972年に設立したギターメーカー。
本家USA製、日本製(Premium)、インドネシア製(Tribute)があります。




そこまで背は高くないですが、いわゆるジャンボフレットの類ですね。
フィンガリングがラクで、軽いタッチで音が出てくれるので演奏性に優れてます。




PUは、それほど歪むわけではないですが、高出力かつクリアーなサウンド。
ポールピースは1弦ずつ高さを調整できるようになってます。




普通のストラトと異なる点は、マスターボリュームの他にトレブルカット/ベースカット・コントロールが搭載されていることですね。

ハイをカットした甘くジャジィなサウンド、ローをカットしたクリーンカッティングも心地良いです。

どんなアンプの環境下でもプレイ中にギター側で微調整が利くので、やはりスタジオやセッションなどの実践向きと言いましょうか。
こいつのおかげで、アンサンブルで埋もれたり膨らみ過ぎたりする帯域をスッキリ解消できるのが最大の魅力ですね。

ミニスイッチはPUのサウンドバリエーションを増やすもので、フロントとリアのミックスなどが出せます。




余談ですが、これを選ぶ際にもう1本迷ったのが「FERNANDES RT-DLX JPC 2011」で、こちらも日本製で作りが良く演奏性に優れます。
シングルサイズのハムバッカー(Seymour DuncanのHot Railsのようなタイプ)が、なかなかパワフルで良かったです。



posted by hitoshi@G-topics at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

デジタルガジェットの悩みの種、ケーブルクリップでスッキリ解消。



100円ショップ「ル・プリュ」で、コードホルダーを購入してみました。
デジタルガジェットを購入する度に、ケーブル類も増えて困るんですよね。




ケーブルの長さや太さに合わせてを使い分けて、こうして束ねておけばスッキリです。

パチンッと留まるのは良いですが、やや開けるのが硬いのが難点。
あと、無理に閉めてケーブルを挟んでしまうと跡がついたり断線する恐れもあるので注意しましょう。



posted by hitoshi@G-topics at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

従来の約2倍の果肉を使用。オトナも楽しめる“贅沢”フルーチェ。



従来の約2倍の果肉を使用した、「フルーチェ 贅沢イチゴ」。

オトナも楽しめる“贅沢”フルーチェ。パッケージもゴージャスな感じ。

…ところで、フルーチェ作るの失敗したことありませんか?
牛乳だけでカンタンに作れるわりには、意外と上手に作るのが難しかったり。

フルーチェを、ちょうど良いぷるぷる感に仕上げるコツは、以下の通り。



・フルーチェは、必ず常温で。(冷蔵庫で冷やさない)

・低脂肪(無脂肪)牛乳ではなく、普通の牛乳を使う。(豆乳などでは固まりません)

牛乳の量はキッチリ守る。(牛乳の量で固さを調節しようとすると失敗します)

・牛乳を入れたらすぐ、1秒に2回ぐらいのスピードでかき混ぜる。






イチゴ味なのに、製品に含まれるアレルギー成分は「りんご」だそうです(笑)


posted by hitoshi@G-topics at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...