にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ


2016年02月27日

洋楽ロックファンに贈る貴重なアイテム展示会、「ROCK EXHIBITION 〜ROCK SONG-T FESTIVAL〜」。



イオンモールKYOTOにて開催中の、「ROCK EXHIBITION 〜ROCK SONG-T FESTIVAL〜」に行ってきました。

Sakura館1階センターコート入場無料でご覧いただける展示イベントです。




洋楽ロックの歴史やレコードジャケット、アーティストの直筆サイン入りギターなど、貴重なアイテムが展示されています。

また、ロックを愛するデザイナーによる、アーティスト公認Tシャツの販売&抽選会を実施。

世界初公開となるこのTシャツには、各アイテムそれぞれに「000〜999」のシリアルナンバーが入ります。

posted by hitoshi@G-topics at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

「京都ぶんぐフェスタ 2016」に行ってきました!



本日(2/26)、きらっ都プラザ(京都産業会館3F展示会場)にて開催されました、「京都ぶんぐフェスタ 2016」に行ってきました。

夕方に立ち寄りましたが、思ってたより賑わっててゆっくり展示サンプルに触れなかったのが残念(笑)




各メーカーイチ押しの商品パンフレットと、サンプル品(サンプル券で3つまで引換え可能)を頂いてきました。




PILOTの「アクロボール」、KOKUYOの「キャンパスノート」と「鉛筆シャープ」を頂いてきました。

鉛筆シャープは芯径1.3mmで、ちょうどイラスト(鉛筆画)描くのに使ってみたいと思ってたので、これはありがたい!

サンプル品と言っても普通に売られている商品と同じものなので、これだけ買えば500円ぐらいはします。
入場無料のイベントですが、こんなに貰って帰れるならお得ですよね。行って良かった♪




こちらは入場証を回収する際の抽選で頂いた、「SONiC ラチェッタ」という鉛筆削り。



左右交互にひねるだけでカンタンに素早く削れます。これ、なかなか便利。



posted by hitoshi@G-topics at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具・雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

あなたはどっち派? ミスドの新食感ドーナツ、「のびのびポン・デ・リング」。



ミスタードーナツの新商品、「のびのびポン・デ・リング」なるものを買ってきました。
写真左がプレーン(140円)、右側が黒みつきなこ味(151円)です。

今回は買ってませんが、あとチョコアーモンド味(151円)がありました。




荒川静香さんのCMのような伸びは感じられませんでしたが、確かに従来のポン・デ・リングよりももちもち食感がupしてて美味しかったです。

個人的には黒みつきなこ味がオススメですね、少し温めると良いかも。

さて、あなたはどっち派?
ハッシュタグ「#定番ポンデ」または「#のびのびポンデ」を付けてツイートしましょう!

posted by hitoshi@G-topics at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

10,000mAhの大容量を搭載した世界最小・最軽量のモバイルバッテリー、「Anker PowerCore 10000」。



10,000mAhを搭載したモバイルバッテリーとして世界最小・最軽量を謳う、「Anker PowerCore 10000」を入手しました。

※2/23(火)現在、Amazonの方では既に在庫切れとなっているようです。

本体充電用のUSBケーブルと、ポーチが付属しています。

高速充電を可能にする独自技術「PowerIQ」と、ケーブルごとの抵抗を認識し、最適な速度で充電する「VoltageBoost」を採用。

バッテリーセルはパナソニック製。




魅力はなんといっても、約92×60×22mm/約180gというカードサイズのコンパクトボディですね。

このサイズで10,000mAhのバッテリーを搭載しているのは驚き。
これなら荷物になりませんし、一泊二日の旅行程度なら事足りるんじゃないでしょうか。

1ポートタイプ(最大出力2.4A)で、iPhone 6sが約4回、Galaxy S6が約3回、iPad mini 4が1回以上、充電可能とされています。




iPhone 6との比較。




ガジェット好きに愛用者の多い、「cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version」との比較。



posted by hitoshi@G-topics at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

オリンパス「OM-D E-M1」の豊富なメニューを、使いやすくカスタマイズ。(Ver.4.0対応)



OLYMPUS OM-D E-M1のファームウェア・アップデート(Ver.4.0)でメニュー項目が増えたので、備忘録も兼ねて自分なりのカスタム設定を書き出しました。

使用しない機能などについては省略している部分もありますが、参考になりますと幸いです。


AF/MF

・フルタイムAF…Off
・AEL/AFLモード…S2/C3/M3
・MFアシスト…拡大:Off/ピーキング:Off
・AFイルミネータ…Off
・顔優先…Off


ボタン/ダイヤル/レバー

・Fn1ボタン機能…デジタルテレコン
・Fn2ボタン機能…拡大
・録画ボタン機能…ピーキング
・AEL/AFLボタン機能…AEL/AFL
・○ボタン機能…マルチFn
・●ボタン機能…ワンタッチWB
・▶ボタン機能…ISO感度
・▼ボタン機能…WB
・十字ボタン機能…ダイレクト機能
・ダイヤル方向…露出設定:ダイヤル2/Ps設定:ダイヤル2
・レバー機能…mode5
・レバー2ボタン機能切替…Off


レリーズ/連写

・レリーズ優先S…On
・レリーズ優先C…On
・連写L設定…6fps
・連射H設定…10fps
・手ぶれ補正…静止画:S-IS AUTO/ムービー:M-IS1
・連写中手ぶれ補正…Off
・半押し中手ぶれ補正…Off
・レンズ手ぶれ補正優先…On
・レリーズタイムラグ…標準


表示/音/接続

・表示罫線選択…黄金分割
・モードガイド表示…Off
・LVブースト…(全て)Off
・アートLVモード…mode2
・LV拡大モード…mode2
・ピーキング表示…色:/レベル:標準/背景の輝度調整:Off
・バックライト時間…8秒
・スリープ時間…3分
・自動電源Off…4時間
・メニューカーソル保持…記憶する


露出/測光/ISO

・露出ステップ…1/3EV
・長秒時ノイズ低減…Off
・高感度ノイズ低減…標準
・ISO感度ステップ…1EV
・ISOオート設定…200-3200
・ISOオート有効…P/A/S
・測光…ESP
・AEL測光モード…中央重点


画質/色/WB

・シェーディング補正…Off
・WBオート 電球色残し…On
・カラー設定…sRGB


動画

・動画モード…M
・ムービー録音…On
・動画エフェクト…On
・風切りオン低減…標準
・入力リミッター…On
・動画シャッターボタン機能…mode2


内蔵EVF

・内蔵EVF表示…スタイル2
・info表示設定…カスタム表示:ハイライト&シャドウ
・表示罫線選択…黄金分割
・内蔵EVF自動切替設定…On
・半押し中水準器表示…Off
・OVFシミュレーション…Off


posted by hitoshi@G-topics at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

進化し続けるオリンパスのフラグシップ機、「OM-D E-M1」。



先日、マウントをマイクロフォーサーズに統一したので、「OLYMPUS OM-D E-M1」(シルバーモデル)を入手して、しばらくメインカメラとして使い込んでおりました。

最近は専ら「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」を付けて撮影しています(作例は追々、掲載していきます)。

E-M5 Mark IIE-M10 Mark IIの下剋上に伴い、そろそろE-M1も新型が発表されるんじゃないかなと思っていたのですが、ファームウェアアップデート(ver.4.0)による7項目の新機能・17項目の操作性改善が実施され、まだまだオリンパスのフラグシップ機として進化する余地があると判り、(本体価格も納得いく程度まで下がってきたので)購入に至りました。

発売はもう随分と前になるので、今さらレビューも何も無いのですが、次回は自分の設定のカスタマイズ項目についても書いてみたいと思います。



posted by hitoshi@G-topics at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

日常で活躍するデジタルガジェットの基本と言えば、やっぱりアレですよね。



十数年ぶりに、電卓というものを買いました。デスクに1つ必須ですよね。

最近は何でもスマホの機能で備わってたりしますが、やっぱりこういう単機能ガジェットって素敵。



posted by hitoshi@G-topics at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

シリーズ完全新作!ニンテンドー3DS『真・女神転生 IV FINAL』先着購入特典「禁断の神殺しDLCセット」。



ニンテンドー3DSソフト『真・女神転生 IV FINAL』、発売日の1日遅れで届きました!

先着購入特典の「禁断の神殺しDLCセット」も無事ゲット。

こちらは、ニンテンドー3DS用「HOMEメニュー」のオリジナルテーマと、ゲーム内で使用できるアイテム「アナーキーのピアス」「ピースのピアス」のダウンロードコンテンツになります。



posted by hitoshi@G-topics at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

「Newニンテンドー3DS LL ハイラルエディションを買ったよ」の巻。



いよいよ、2/10に発売が迫った『真・女神転生IV FINAL』。

ソフトは既に予約済みなのですが…実は、前作『真・女神転生IV』プレイ後に、初期ニンテンドー3DSを手離しておりまして(笑)




ということで、ゲットしました。「Newニンテンドー3DS LL ハイラル エディション」。

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』コラボデザインの本体になります。
実物を見てみると予想以上にカッコイイです、なかなか高級感のある渋いゴールド仕様。




本体を買った際に付いたポイントで、Newニンテンドー3DS専用ソフトXenoblade(ゼノブレイド)』も併せて購入しておきました。

まぁ、こちらはしばらく放置ということで(笑)



posted by hitoshi@G-topics at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

【コラム】写真の基本は、「出会い」と「感動」。

今やカメラは一家に一台ではなく、個人で2台も3台も所有する時代です。

初心者向けからプロ用機まで、各メーカーから様々なカメラが発売されていますが、写真を撮る上で一番大切なのは出会いです。

カメラ初心者でも、出会いに気付ければ良い写真は撮れてしまうものです。

撮れてしまう」なんて言うと当てずっぽうみたいですが、カメラもどんどん賢くなって写真の専門知識が無くともおまかせでキレイに写せる時代ですから、もはや知識よりシャッターチャンス重視で構わないと思います。


まずは気に入ったカメラを選ぶ

写真を始めたいけど、どんなカメラを買ったら良いのか判らない」という初心者も多いと思いますが、

カメラのデザインが気に入ったか
自分にとって魅力的な機能が搭載されているか
趣味の投資として予算に合うか

最初のカメラを選ぶ基準は、この3点でじゅうぶんだと思います。

高価なカメラを買えば出会いに恵まれるわけではありません
スペックよりも、持っていて嬉しくなるカメラ“写欲”が湧くカメラを選びましょう。


「カワイイ」は侮れない

人は、印象的なもの・感動的なシーンに出会った時に「写真を撮りたい」「思い出に残したい」「誰かと共有したい」と思うものです。

Instagramなどにおける写真SNSの投稿を見ていれば、まったくカメラに詳しくなくても「カワイイ♪」と思った瞬間に写真に収める女子の方が印象的なアートを生み出したりしますよね。

写真は直感が大事です。感動したら撮る、迷うまでもなくとりあえず撮る。


エフェクト効果やフィルター処理について

最近のデジタルカメラは、普通に撮るだけではなく、機種によって様々なエフェクト/フィルター機能が搭載されていたりします。

写真のエフェクト処理は、一歩間違えると誤魔化しになりがちで、写真のプロに言わせると邪道かもしれませんが、肉眼では見ることのできない世界観を演出することができ、写真をより印象的なものに変えてくれる素晴らしい機能とも言えます。

写真に撮影者のイメージを吹き込める便利な機能なので、撮った写真をSNSで共有することがメインの人は、むしろ積極的に使っていくことをオススメします。


考えるより感じるままに

写真を始めたばかりの頃は「何を撮れば良いのか判らない」ものですが、被写体は何だって構いません。

フィルムのように1回あたりの枚数制限が無いので、(メモリーカードの容量の許す限りは)何枚でも撮影・削除が可能です。

写真を撮るぞ」、と構える必要もありません。最初は見慣れた街を気ままに散歩したり、普段は通らない道を歩いたりしてみましょう。

なんだか気分が乗らない日は、何も撮らずに帰ってきても良いんです。

最初は構図なんて気にしない。実際、最初に撮った1枚目がいちばん良かったりするものです。

考えれば考えるほど、心のない写真になります。
特にスナップにおいては、シャッターチャンスは二度と戻ってこないのです。

いつ何に出会えるか分からない」、それこそがカメラの面白さです。

写真は、頭で考えるより心動かされることが大事です。

さぁ、カメラを持って出かけましょう!

posted by hitoshi@G-topics at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...